呑んだくれLIFE

日々おもったこと、PC関係、映画、本、挑戦した事、ライフログの雑記

Hacking 美しき策謀② 〜キーボードが使いづらい〜

 

前回、Hackingをすすめると決意し、MacBookUbuntuを入れるところから始めた。

今回はその続きである。

 

今はまだ本の50ページ目くらいである。

ここではおおまかなC言語の解説の章で、ひたすらサンプルプログラムを写経し内容を理解し進めている。当分Hackingの内容にたどり着くまではまだまだかかりそうだ。

 

写経をしていく中で、まずVirtualBoxの使いづらさに直面した。

Macに入れたVirtualBoxでは、左のコマンドキー(⌘)がVirtualBoxからMacに操作権を移すキーである。

しかし、Macでは左のコマンドとスペースキーで、入力の切り替えを行っているので、日本語入力しようとすると思わず押してしまう。

 

そこでまずVirtualBoxサイドの設定で、右⌘と左⌘キーの割当を入れ替えた。

 

これにてひとつ目の困難を解決。

次だ。

 

Ubuntuの入力切り替えの方法が、ややこしかった。そこでシステム設定で入力切り替えを左⌘に割当た。

これにて二つ目の困難解決。

 

3つめだ。

vimの操作がしづらい。

いちいち挿入モードからノーマルモードにうつるには、escapeキーを押さなきゃならない。これが遠いんだ。

 

こいつはCapsLockにescapeキーを割り当てることで解決。

 

まず、

xmodmap -pke

で現在のキーボードの割当を調べる。

次に

vim ~/.Xmodmap

でホームディレクトリにファイルを開いたあと、


remove Lock = Caps_Lock
keycode 66 = Escape NoSymbol Escape

と書き、保存。

この時のキーボードのコードは先程調べた、CapsLockのキーコードにしなければならない。

xmodmap ~/.Xmodmap

最後にこれを実行することで、この設定を適応させた。

 

これでだいぶ使いやすくなったかなあ。